岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

商品情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

【紙のソムリエ】シートくんとロール先輩の紙修行 ⑰ 馴染みは無いのに懐かしい?~中級紙・下級紙

【今回のお話】
学校からの案内プリントをにこにこ読んでるシートくん、そのうちはたと気づきます。「そう言えば、僕、仕事ではこの紙使ったこと無い・・・」
121110_somurie

登場人物御紹介

130507_sheet
シートくん
岐阜の印刷会社で働く、若手営業マン。知識と経験の不足を熱意でカバーすべく、今日も元気に紙修行中。「シートくんがいると、暑いのが余計暑くなる気がする・・・」と、某先輩に呟かれる夏。
130507_roll
ロール先輩
何かと足りないシートくんを優しく導く、工務の先輩社員。空気の読めないシートくんと、意外に・・・なパレットちゃんの間で、胃の痛みに拍車がかかる日々。
130507_book
ブック部長
シートくんやロール先輩の仕事ぶりを温かく見守る営業部長。 130507_palet
パレットちゃん
いつも優しくて可愛い総務の先輩。実は意外に・・・

004-01

ある日の昼休み。にこにこしながらプリントを眺めるシートくんに、手元を覗き込んだロール先輩。「・・・『夏の親子キャンプのご案内』?・・・シートくん、子供さん、いたっけ?」にやけた顔で、シートくん、頭を振ります。「姪の学校のです。本当は義兄が参加する筈だったんですが、急に仕事が入っちゃって・・・そしたら、姪が『私、おーちゃんと一緒に参加したいな。』って・・・それがもう、可愛くて可愛くて・・・!」 130810_syouhin01
130810_syouhin02 えへえへ笑い続けるシートくんから眼をそらし、ロール先輩、プリントに目を戻します。「へえ、2色刷りなんだ。デザインも工夫してるし、最近は学校のプリントも凝ってるねえ。」「紙はわら半紙ですけどね。」「まあ、でも、学校のプリントって昔からざら半紙なもんでしょ。」「?先輩?『ざらばんし』って言いました?」「え?」「『わらばんし』ですよね?」「ああ、えっと・・・」

「まあ、良いじゃない。どっちも同じ意味だし、ある意味、どっちも間違ってるとも言える。」「?」「学校で使われる紙って、紙の用語で言うと、中質紙更紙でしょ?大きい分類でいうなら級印刷用紙とか級印刷用紙」「なるほど。あ、でも僕、仕事ではあんまり、中質とか更とか使ったこと無いです。」「上質紙に比べると、確かに出番は少ないかな?でも、上質紙より良いとこもあるんだけどね。」

004-01

「分類上は非塗工印刷用紙の一種ですよね?」「そう。表にすると・・・」

印刷・情報用紙
  非塗工印刷用紙
    上級印刷用紙(上質紙はここに分類)
    中級印刷用紙
      印刷用紙B
        セミ上質 晒化学パルプを90%以上使用、残りはその他のパルプ。白色度は75%前後。(上級紙の白色度は80~82%程度)
        印刷用紙B 晒化学パルプを70%以上使用、残りはその他のパルプ。白色度は70%程度。いわゆる『中質紙』。
      印刷用紙C 晒化学パルプを40~70%未満使用、残りはその他のパルプ。白色度65%程度。
      グラビア用紙
    下級印刷用紙=更紙
      印刷用紙D 化学パルプは40%未満で、主原料は機械パルプ。 白色度は55%程度。
      印刷せんか紙 古紙パルプ100%使用の特殊更紙。

004-01

「晒化学パルプの量が減るのに応じて、白色度もどんどん下がっていくって感じですね。」「ものすごく大雑把にいうと、木材って、セルロースっていう繊維同士をリグニンっていう接着剤がくっつけてることで、木になってるんだよね。で、紙を作るのに必要なのはセルロース。これはもともと白い。一方のリグニンには色が付いている。」「白い紙を作るためには、リグニンを取り除いてしまえば良い?」「そういうこと。それを薬品でやっているのが、晒化学パルプ。」

晒化学パルプ 加熱した薬品でリグニンを溶かして取り除き、未晒パルプを生成する。この段階ではまだリグニンが残っているため茶褐色だが、これを更に漂白してリグニンを取り除くことで、晒化学パルプとなる。
機械パルプ 木材チップをすりつぶして得られるパルプ。リグニンを除去していないため白くはならず、また、すりつぶす段階で繊維が傷められているので弱い漂白しかできない。

bluecubeline

「ちなみにリグニンは太陽光で退色するから、機械パルプが多く含まれた紙は退色もしやすい。」「じゃあ、全部の紙を化学パルプで作っちゃえば良いんじゃないですか?」「機械パルプを使う利点もあるからね。それが 、上質紙じゃなく、中質紙以下を使う利点にもなるの。中質紙や更紙の良いところは・・・」

歩留まりが高い 化学パルプの場合、パルプになるのは木材の50%程度。機械パルプの場合は90~92%がパルプとして得られる。
不透明度が高い 上質紙よりも不透明度が高く、裏抜けがしにくい。
嵩高 機械パルプの使用により嵩高な紙が出来る。
油吸収性が良い 油吸収性が良いため、インキの乾きが早い。

「こういう特性を生かすとなると、どんなものに向いてると思う?」「本文用紙ですよね。あとチラシ。」「そういうこと。書籍、教科書、雑誌、マンガ本、電話帳用紙とかね。そして、こういう、学校や官庁で使う簡易印刷機の用紙にも多用されてるってわけ」

bluecubeline

「主な銘柄はこんな感じ」

  中質紙 更紙
王子 OKエバーライト、OKエバーライトW、OKアドニスラフ
OKスターライト、OKサワークリーム
OKニューライト
ラフ苫更
苫更
日本 ハイランド、ジャストランド
フロンティタフ(80、75、70)
ひばり
大王 ダンテコミック
タイオウハイネ
ホワイトおうむ
おうむ
北越紀州 セミ上質
シロマリ
トクギンマリ
 
丸住 スターエルム、スターロベリアホワイト
スターエルム、スターロベリア
やよい

「一つのメーカーにいくつもの銘柄があるのは、グレードが違うからですか?」「それと、米坪が低いのに不透明度が高い商品とか、より嵩高とか、それぞれ特徴があるから、詳しくは紙屋さんに問い合わせてみてね。」

bluecubeline

「それにしても先輩、わらでも何でもないのに、『わら半紙』って言うのは何故ですか?」「明治時代には本当に、稲のわらが原料だったらしいよ。でも、わらが採れるのって、お米の収穫が終わった秋だけでしょ?1年分の原料を在庫しておかなきゃいけないし、技術が進んで他のパルプの方が安価になったりして、だんだん使われなくなって、今では言葉だけが残ってるって経緯みたい。」

bluecubeline

「そう言えば、マンガ雑誌って、ページによって色がピンクだったり、みどりだったり色々でしょ?あれ、季節によって売れる色が違うから、とか、ちゃんとした理由もあるんだけどね。・・・・・・・って理由もあるんだって。」
「そんな単純な話なんですか?」
「らしいよ。ほかにも、同じ色の中でも、また、別の裏話があるんだけど、それはまた今度ね?」
「それは良いけど、先輩、『ざらばんし』って何ですか?」
「・・・それは忘れていいから。」
「『わらばんし』が正しいんですよね。じゃあ、『ざらばんし』ってもしかして・・・」
「うるさいよ、自分。自分だって、『B紙』とか『くろにえ』とか『じぇじぇ』とか言っちゃう国の人のくせに。」
「『じぇじぇ』は違います、先輩。それに、『くろにえ』や『じぇじぇ』のどこが悪いんですか?205万人の岐阜県民と131万人の岩手県民の皆様に謝って下さい!」
プリントを前にぎゃあぎゃあと自分の故郷を擁護しあう、のんきで平和な昼休みなのでした。

140610_yazirusi_left 【前回のお話】
シートくんとロール先輩の紙修行 16 『和紙』には『和紙』と『洋紙』がある?~和紙~ はこちらから
【次回のお話】
シートくんとロール先輩の紙修行 18 懐かしくて新しい?~フォーム用紙~ はこちらから
140610_yazirusi_right

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP