岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

商品情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

【紙のソムリエ】シートくんとロール先輩の紙修行 25 見せたり隠したり?~タック紙~

【今回のお話】
お客様から価格の訂正用シールを頼まれたシートくん。普通の上質素材で見積もろうとしたのですが・・・
121110_somurie

登場人物御紹介

130507_sheet
シートくん
岐阜の印刷会社で働く、若手営業マン。知識と経験の不足を熱意でカバーすべく、今日も元気に紙修行中。
お花見の季節。「お前は飲んでなくても酔っぱらってるみたいだな。」と先輩方に苦笑される、盛り上げ担当。
130507_roll
ロール先輩
何かと足りないシートくんを優しく導く、工務の先輩社員。
お花見の季節。どうしても介抱役になってしまう、根っからの長女気質。
130507_book
ブック部長
シートくんやロール先輩の仕事ぶりを温かく見守る営業部長。 130507_palet
パレットちゃん
いつも優しくて可愛い総務の先輩。実は意外に・・・

004-01

「シートくん、ちょっと良い?」工務に回ってきた見積依頼を見ながら、ロール先輩、首をひねってシートくんに声を掛けます。「これ、価格の訂正用シールってことで良いのかな?」 140410_somu02
140410_somu01 呼ばれたシートくん、きょとんとした顔で応じます。「はい、そうです。消費税が上がったでしょう?お客様が小売価格の訂正を手書きでやっていらしたので、シールをお勧めしたんです。」小ロット過ぎてダメでしょうか・・・窺うシートくんに、ロール先輩、首を振ります。「ロットは良いんだけど・・・これ、普通の上質タックを使うことになってるけど、良いの?」

「?」シートくん、首を傾げます。「コートとかアートとかを使った方が良いってことですか?」「いや、訂正用を使わなくて良いのかなと思って。」「訂正用?普通のシールと違うんですか?」

004-01

「まず、おさらいね。シートくん、タック紙はどんな構造になってるかは覚えてる?」
「三層構造、ってことで良いですか?『表面基材』と『粘着剤』と『剥離紙』の三つで出来てるんですよね?」

表面基材 シールとして貼られる部分。
大きく分けて、紙系とフィルム系がある。
140410_somu03
粘着剤 糊の部分。
剥離紙
(剥離フィルム)
粘着面の保護のために付いていて、使用時には剥がして(一般的には)捨てられる部分。
上質紙やクラフト、グラシンなどの原紙(或いはフィルム)に剥離剤などを塗布して製作。

「そう。で、その三層それぞれに色々な種類があるの。」「表面基材で言うと、上質紙とかコートとか・・・」「他にも色々あるよ。良く使われるものだと・・・」

上質紙 安価で印刷適性・加工適性に優れるが、印刷の仕上がりの点ではコート・アートに劣る。
コート・アート 印刷適性に優れ、高級印刷用途に用いられる。
キャストコート アートよりも高光沢で、より高い印刷効果やアイキャッチ効果が得られる。
ホイル紙 金・銀の艶あり・艶消しがある。高級感を高める効果が期待されるため、メロンなどの高級果実や衣料品などのシールに使用される。
和紙 和紙の風合いが好まれる高級日本酒などのラベルに使用される。
合成紙 ユポなどの合成紙を表面基材に使用することで、紙の印刷適性とフィルムの耐水性・耐久性の両方を兼ね備えたラベルを製作できる。屋外や水を使う環境などで使用される。
無塵紙 クリーンルームで使用でき、精密機械などに貼るラベルとして使用される。

bluecubeline

「表面基材みたいに、粘着剤にも色々な種類があるんですか?」「大きく分けると三つかな。」

永久接着(強粘着)タイプ 基本、一度接着させたら剥がさないことを目的とした粘着剤。汎用タイプのほかに、冷食用、訂正用、粗面用などがある。
再剥離(弱粘着)タイプ 接着後、一定時間後に剥がすことを目的とした粘着剤。目隠しシールやインデックスなど。
再貼付タイプ 接着後、剥がしてまた貼ることを目的とした粘着剤。

「他にも、油で汚れた面にも接着できる粘着剤とか、水で簡単に溶けて分散してリサイクルできるようになってるものとか、用途に応じて色々開発されてるんだよ。」

bluecubeline

「で、その色々な表面基材と粘着剤、剥離紙が組み合わされて、お客様の要望に応じた多様な製品が作られているってわけ。」「用途によって要望される性能が全く変わってくるってことですね?」「そういうこと。例えば、とにかくお客様の目を引かなきゃ意味がない商品ラベルと、シートくんが今作ろうとしてる訂正用のラベルとじゃあ、意図が全く違ってくるでしょう?」「見せたり、隠したり。全く逆の効果を、両方、ラベルを使って獲得できるんですね。だから、『訂正用』を使わなくていいの?って話につながるのか。」「そうだね。訂正用だけど・・・」

①表面基材の裏面に隠蔽加工を施したもの
②粘着剤に隠蔽性を付与したもの

「・・・って、これも種類があるんだよね。どちらも、下の文字や数字が透けない効果があるのは一緒なんだけど。今回シートくんが作ろうとしているのは5%表示の上に8%の価格を貼るタイプの訂正用だけど、糊や基材のタイプを選べば、8%の価格シールの上に5%のシールを貼っておいて、期日が来たら剥がすっていうこともできるんだよ。」「次の改定の時には、予めお客様にそういう提案もできるってことですね。」「改ざん防止効果のあるタイプもあるから、それも含めて考えてみてね。」

bluecubeline

「そう言えば先輩、タック紙とシールとラベルって、それぞれ違うんですか?」
「まず、タック紙は業界用語。糊付の紙の原紙全般を指すけど、一般のお客様には通じないこともあるから要注意だね。で、シールとラベルの違いなんだけど・・・」
話す二人のところに、パレットちゃんがやってきます。
「シートくん、この伝票なんだけど・・・」
「え?・・・あ・・・・・・僕、またやっちゃいましたか・・・・・・」
「そうだね。シートくんって、色々シールが足りないみたいだねぇ。」
にこにこ笑いながら言い放つパレットちゃんと、不得要領ながら涙目のシートくんを見ながら、(レイブルって言葉もあるよ、シートくん!)と心の中ではエールを送るロール先輩なのでした。

140610_yazirusi_left 【前回のお話】
シートくんとロール先輩の紙修行 24 近くて遠い?~包装紙と書道~ はこちらから
【次回のお話】
シートくんとロール先輩の紙修行 26 初めての先生役~基礎知識復習①~ はこちらから
140610_yazirusi_right

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP