岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

ちょっといい話

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

てくてく、ぱくぱく 身近な癒し旅 ⑯ ~奥の細道むすびの地・大垣~

奥の細道むすびの地として、松尾芭蕉を前面に押し出した観光地展開をしている大垣市。
『ミニ奥の細道』というウォーキングコースを歩いてみました。

『ミニ奥の細道』 ~大垣市錦町~船町 水門川沿い『四季の路』~
121110_tekuteku01
始まりはJR大垣駅から。
駅前のバス案内所にも
芭蕉がいます。
121110_tekuteku02-2
駅沿いに東へ100メートル位。
愛宕神社の前辺りに
『ミニ奥の細道』始点のプレートが。
121110_tekuteku03
大垣は水の都。
至る所に水場や自噴水があります。
『ミニ奥の細道』の名前通り、奥の細道に倣った順で、句碑と説明プレートが立てられています。
121110_tekuteku04
これは矢立のはじめ
『行く春や鳥啼き魚の目は泪』
121110_tekuteku05
『閑けさや岩にしみいる蝉の声』
121110_tekuteku06
『一家に遊女も寝たり萩と月』
水門川はかつての大垣城の外堀。大垣城落城の際、おあむという女性がたらいに乗って脱出したという逸話になぞらえた、たらい舟川下りが10月21日~11月25日の土日祝日に行われています。
121110_tekuteku07
出船を待つ船頭さん
121110_tekuteku08
巧みな竿さばきで川下り
121110_tekuteku09
紅葉が一層の趣を添えてくれます。
この日は『秋の芭蕉祭』。むすびの地記念館周辺はたくさんの人でにぎわっていました。
121110_tekuteku10
曳山の特別公開。
121110_tekuteku16
奥の細道むすびの地記念館。
この日は入館無料だったことも
あってものすごい人。
121110_tekuteku12
蛤塚にも献花があふれていました。
のんびりウォーキング、お祭りも楽しんで、最後はお土産探しです。
121110_tekuteku13
大垣の秋のお土産、と聞いて
ぱっと思いつくのは『柿羊羹』。
121110_tekuteku14
大垣と言えば枡でしょ?という
方なら『枡屋』さんへ。
121110_tekuteku15
個人的にお勧めの『金蝶園饅頭』。
ほんのりお酒の香りとあっさり味の
餡子がぎっしりの酒蒸し饅頭です。

揺れる水草がはっきり見える綺麗な水面、昭和の風情の家屋、新しくはないけれど綺麗に清掃されたベンチ、かと思えば、街に溶け込んでいるのにどこか不思議な異国情緒のあるカフェ・・・大垣は、岐阜の川原町とはまた違った意味で、タイムスリップしたような懐かしい雰囲気のある綺麗な街でした。ゆったりとした静かな時間を楽しみたいあなた、大垣巡りはいかがでしょうか?(K)

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

ちょっといい話

PICKUP!

PAGE TOP