岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

商品情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

ファンシーペーパーのご案内②(2013.11)

131130_syouhin01 最近はこんな表紙の本が増えたように思います。
芯に板紙を使用せず、表紙に使用している紙を折り返すことで強度を増している製本。フランス製本、で合っていますでしょうか?
元はちゃんとした表紙が付く前の仮の製本として始まったもののようですが、気付けば手元の書籍の幾つかが、この形の表紙でした。

こういった本の表紙などによく使われるのがマーメイド。1956年発売とのことですから、レザック66ですら後輩になります。

マーメイド
131130_syouhin02 1956年発売。
人魚の名前は、この、優しいさざ波模様のエンボスから来ているのでしょうか?
本の見返しや雑貨のプライスカードなどは勿論、画用紙としても良くお使い頂いているようです。
 
パミス
131130_syouhin03  1960年発売。
上の画像の本の表紙に使われているのは、このパミスです。
「パミス」は英語で「軽石」。マーメイドよりは少し浅いエンボスに繊細なレイド模様がプラスされた、穏やかでありながら複雑な妙味のあるファンシーペーパーです。
 
サーブル
131130_syouhin04  1959年発売。
パミスよりも1年先輩の白物ファンシー。「サーブル」はフランス語で「砂」という意味だそうで、砂浜を思わせるような細かなエンボスが特徴的な紙となっています。
ちなみに、サーブルには『スノーホワイト』、パミスには『雪』という色がありますが、白さはかなり異なります。冷たいほどの鋭い「白」か、穏やかに包み込むような柔らかい「白」か。好みや用途によって選ぶ楽しさがありますね。
 

1枚からでもお取り寄せできます。
ファンシーペーパーのご用命は華陽紙業株式会社へ。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP