岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

ちょっといい話

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

感動体験 高橋尚子杯ぎふ清流マラソン

さる5月15日、長良河畔にて、ぎふ清流マラソンが開催されました。
国際陸連の公認を受け、岐阜から世界記録が出るかも、と期待されたハーフマラソン。
残念ながら新記録は出ず、古田知事を悔しがらせたとか。
ともあれ、晴天に恵まれ、華々しく開催された第1回大会は無事終了しました。

優勝者略歴 【男子ハーフマラソン】
マーティン・マサシ
マーティン・マサシ(スズキ浜松AC) 1:00:47

1985年ケニア生れ。地元の高校を卒業後、スズキに所属、日本を拠点に活躍している。北京五輪、世界陸上選手権大阪大会の10000mのケニア代表。

優勝者略歴 【女子ハーフマラソン】
黒田真央
黒田真央(ユタカ技研) 1:13:45

1989年静岡出身。静岡県立三島北高校を卒業後、ユタカ技研駅伝競走部に所属。5月7日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開かれた第55回中部実業団体工陸上競技会でも、10000mで自己ベストを出し優勝している。

※世界選手権代表の市民ランナー・川内優輝(男子)は13位、北京五輪銀メダリストのキャサリン・ヌデレバ(女子)は3位という結果でした。

pcオフィシャルサイトはこちら

ちなみに・・・
ぎふ清流マラソンの特別協賛、スズキ㈱の代表取締役会長兼社長の鈴木修氏は岐阜県下呂市の出身。自らを「中小企業のおやじ」と称し、お客様を大切にする姿勢や、仕事に関するユニークな語録などでも知られています。御年81歳にして大の肉好きで、マラソン前夜には岐阜の行きつけの某料理店(飛騨牛料理で有名)で御客様をもてなしたとか。当日の昼食時には岐阜駅のラーメン屋で目撃されるなど、健啖家ぶりも発揮されたようです。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

ちょっといい話

PICKUP!

PAGE TOP