岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

商品情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

海外市場の動向と輸入紙⑦
(1)アジア市況1-2月

古紙の国際商品化、国内製紙メーカーの海外進出、国内への紙の輸入の増加、と
今や日本の紙事情は海外市況を抜きには語れない状況となっています。

(1)アジア市況 1-2月
古紙 中国 2月 古紙の発生量の落ち込みと海上運賃の値上がりのため、輸入古紙は全般的に上昇基調。3月以降は回収増と見られ、若干下がる予測も。
印刷用紙 中国 2月 パルプ価格の上昇と需要期により若干の値上げ浸透。当面は強含みで推移か。
香港 2月 パルプ市況の回復を受け、3月生産分より値上げを敢行するメーカーあり。一部紙商には買い増しの動きも。一方、エイプリル中国が立ち上げを6月まで延期するなど、不透明材料も。
韓国 1月 12月の主要3品種の国内出荷は大幅に前年を上回り、少し回復の兆し。但し、国内メーカーの競合激しく、市況は弱含み続く。
板紙 中国 2月 旧正月以降需要減。在庫増もあり、一部値下がり。尤も、総体的には、古紙価格の値上がりもあり、価格に大きな崩れは無し。
香港 2月 1月に比べてやや下がり気味ながら、大きな変動はないものと思われる。
韓国 1月 段ボール原紙に関して、国内出荷は11月以降減速。依然、輸出産業向けが需要を牽引している状況。特値対応もあって市況はやや弱含み。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP