岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

市況情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

紙の市況 (2013.7)詳細 7月31日更新分

【洋紙 国内紙の市況/状況】

1.王子ホールディングス 2013年4~6月期業績発表

王子ホールディングスの2013年4~6月の業績が7月31日、公表されました。同社のニュースリリースによると

  売上高 営業利益 経常利益 四半期純利益
業績(単位:百万円) 318,561 13,790 17,484 8,500
前年同四半期増減(単位:%) 4.7 11.4 71.9 25.2

となっており、売上高は前年同四半期比4.7%増、四半期純利益は前年同四半期比25.2%増となったようです。王子の好調の要因を7月26日の日本経済新聞の分析より抜き出してみると、

・ベトナム・カンボジアで段ボール事業の新工場が本格稼働
・国内段ボール事業での需要も堅調
・円安効果で輸入紙が減少し、印刷・情報用紙の生産が回復
・北米や東南アジアでレジ向けの感熱紙需要が拡大
・中国で家庭紙需要が伸び、パルプ市況が好調

など、海外子会社の業績の好調が寄与していることが窺われます。
同社は決算短信において、産業用フィルム設備の増設・運転開始や発電事業の拡大などを進めていると伝えていますが、その戦略が着々と進行している一例として、同日、王子エフテックスの江別工場に同グループ3基目となるバイオマスボイラーを設置、北海道における発電事業の一環として2015年7月の稼働を予定していることを発表しています。

2.ニッセン 通販カタログのページを半減 

通販大手のニッセンがカタログを見直すとの報道がありました。ページ数を半減し、配布頻度を年5回から6~12回にすることで、季節に応じた商品をタイムリーに提案する狙いがあるとのこと。ページが半減して掲載できなくなった分は、スマホで全商品を見られるようにして、実質的な取り扱い点数は現行と同等にするとのことで、低迷しているカタログ通販事業の顧客離れを回復する思惑があるようです。

3.平成24年度印刷業経営調査 中部の受注先順位は 

全日本印刷工業組合連合会実施の平成24年度印刷業経営動向実態調査集計報告書によると、受注先の業種別売上高順位の全国1位は製造業となったようです。全国と中部の受注先業種別順位を比較すると、

  全   国 中   部
1位 製造業(構成比15.2%) 製造業(構成比36.1%)
2位 印刷業(構成比13.6%) 食料品・飲料(構成比14.0%)
3位 卸売・小売(構成比11.8%) 広告・放送、情報サービス(構成比7.9%)

となっており、全国で2位の印刷業が中部では6位(構成比6.0%)など、地域による違いが窺われます。
また、中部の製造業の構成比は36.1%となっており、これは近畿の21.9%、東北の9.6%、北海道の7.8%などと比較しても、際立って高いシェアを占めていると言えそうです。

 

【板紙 国内の市況/状況】

1.段ボール各社 収益環境悪化の報道

7月31日付の日本経済新聞にて、段ボール製造各社の収益環境が悪化しているとの報道がありました。要約すると

・原料の9割を占める古紙市況が強含みで、コストが上昇
・輸出価格の上昇で海外に古紙が流出、品薄になる地域も
・段ボール箱の需要の回復が遅れ、値下げ圧力が上昇
・梱包の簡素化、薄型・軽量化による市場の縮小
・公正取引委員会の検査がメーカーの動きに影響

とのことで、コスト面からも需要面からも厳しい状況が続いているとのこと。
印刷用紙や家庭紙で価格修正が進んでいるのを背景に、段ボール業界でも価格修正を目指す動きがあるとの話も出ているようです。

2.丸三製紙、段ボール原紙製造設備更新工事着工

レンゴーの子会社である丸三製紙が、段ボール原紙製造設備更新工事を着工したと、同社の7月22日付のニュースリリースにて発表がありました。老朽化した6号抄紙機に代わる新マシンを設置し、需要が高まっている薄物段ボール原紙の抄造にも対応できるようにするもので、2015年1月の運転開始を予定しているとのこと。丸三製紙の本社所在地は福島県南相馬市であり、この設備更新は、地元である南相馬市や福島県における継続的な産業振興や雇用の場の安定確保、それによる地域の復興、再生にも大きく貢献できるものと、同社では位置付けています。

このページのトップへ

 

 

※文中敬称略
※文章は新聞記事などを基に華陽紙業にて編集しております。実際の動向についてはお客様にて総合的にご判断頂きますよう、お願い申し上げます。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP