岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

市況情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

紙の市況 (2014.5)詳細  5月10日更新分

【洋紙 国内紙の市況/状況】

1.北越紀州・大王の業績報道

北越紀州製紙と大王製紙の2014年3月期の業績が見通しとして報道されています。記事によると、

メーカー 売上予想 連結経常利益予想 増減要因等
北越紀州製紙 前の期比7%増 前の期比3割強減 ・円安で原燃料価格が上昇し採算悪化
・洋紙の値上げがプラスに寄与
・洋紙部門では、輸入紙が減り、国内シェアは上昇
・白板紙でコンビニ向け需要増
・15年3月期は洋紙の値上げが寄与し大幅増益となりそう
大王製紙 前の期比6%増 前の期比66%増 ・洋紙は輸入紙の流入減少により国内シェアが伸長
・大人用紙おむつが国内で好調
・家庭紙事業部門で、紙おむつなど加工品の売上高がティッシュなど紙製品を初めて上回る
・ロシアや中国など、海外で子供用紙おむつの需要が拡大
・国内の原燃料コスト上昇分は値上げで吸収
・15年3月期は洋紙や段ボール原紙の値上げや中国の紙おむつの需要増が寄与し経常増益となりそう

とのこと。但し、上記は飽くまでも新聞記事であり、北越紀州製紙は5月14日、大王製紙は5月12日に公式発表を行うものとしています。

space
space

2.3月末素材在庫 印刷用紙・段ボール原紙は在庫減

3月末の素材在庫の統計を報じた記事によると、印刷用紙・段ボール原紙の在庫は、

流通 品種 前月比増減率 前年同月比
増減率
判定
メーカー在庫 印刷用紙 ▲1% ▲8% 適正
段ボール原紙 +4% ▲11% やや不足
流通在庫 印刷用紙 ▲2% +11% 適正
段ボール原紙 ▲16% ▲14% やや不足

とのことで、印刷用紙は「適正」、段ボール原紙は「やや不足」とのの判定になっています。
消費増税前の駆け込み需要が旺盛で出荷が伸びたものと記事では伝えていますが、中部地区では、4月には出荷が前年比数%減少するとの見方もあり、今後伝わってくる4月の結果に注目が集まりそうです。
space
space
space

3.日経42種 全体は前月比低下も紙・板紙は横ばい

日経商品指数42種の4月末値が発表され、全体で前月比0.2%低下したと報じられました。増税前の駆け込み需要が大きかった建材の一部品目で値下がりしたのを、非鉄やガソリンなど海外市況の影響を受けやすい品目の上昇でカバーしている構造になっているとのこと。前回増税時の1997年3-4月時には、3月まで上昇した指数が4月には0.8%低下し、6月まで下落幅が大きいという動きを示しており、その際とは動きが異なるということで、今後も価格動向から目が離せない様子です。
紙・板紙の商品指数に関しては

4月末指数(1970年=100) 前月比増減率 前年同月比増減率
紙・板紙 154.854 0% +15.9%

となっており、需給の引き締まりを背景に、4月以降も価格が横ばいで推移していることを表しています。
space
space
space

【洋紙の国外の市況/状況】

1.中国 4月の市況

中国の4月の市況が伝えられています。ある情報によると

パルプ 針葉樹パルプで価格下落。ロシア産・チリ産を中心に値下げが進行し、5月もこの傾向が続く見通し。広葉樹パルプはコスト割れに近いレベルでの取引が続いていることから、底値が近いとの見方もあり。
古紙 需要は停滞気味だが、大手段ボール会社の仕入に引きずられ雑誌古紙は市況が上昇。
印刷用紙 教科書印刷が終わる5月には、需要減から値下げが考えられるが、値下げ幅は限定的との見方。
段ボール原紙 需要減から市況は下落。

などの動きが伝えられています。
中国ではここ数年老朽化した設備の廃棄キャンペーンを行っており、2014年度の紙パルプ設備の廃棄目標値が年産合計265万トンと発表されたと伝える記事も出ています。

space
space

【板紙の国内の市況/状況】

1.レンゴー 2014年3月期の利益予想を下方修正

レンゴーは5月8日、同社サイトに2014年3月期通期の業績予想の修正を掲載しました。前回平成25年10月31日公表された予想と比較すると、

売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 (数字は前回予想と比較した増減率)
0.6%増 29.0%減 23.0%減 69.2%減

とのことで、売上高は伸びたものの、収益は減少したものとなっています。
増減要因として、同社は、

増収要因 ・販売量増加
・新規連結会社の加入
減益要因 ・原燃料価格の一段の上昇
・製品価格の低下
・公正取引委員会から通達の課徴金納付に備えた引当金を特別損失に計上

などを上げています。
space
space

【その他の市況】

1.丸富製紙 新発売2種が「日本で初めて」

丸富製紙は5月1日、「ミッフィー」と「ピータラビット」のトイレットペーパー2種を新発売しました。この二つのキャラクターが日本でトイレットペーパーになるのは今回が初めてとのこと。いずれも女性に好まれる香りや品質を意識して設計されており、トイレットペーパー購入者の7割以上を占める女性に訴える力が強い商品となることを期待されているようです。

space
space

【印刷・製品関連】

1.国会図書館の著作権満了コンテンツを製本・販売

国立国会図書館(NDL)所蔵の古書コンテンツを紙の本にして販売する取り組みが始められたと報道されています。『NDL所蔵古書POD』と呼ばれるこの取り組みは

①国立国会図書館が著作権が満了した古書のデータをWeb公開
②Web公開されている画像データを、インプレスR&Dが印刷・製本可能なページデータに整形
③アマゾンと三省堂書店がプリント・オン・デマンドで印刷・製本し販売

という経緯を経て手元に届くというもので、4月21日より、まず20タイトルの販売が開始されているとのこと。国会図書館がデータを公開する近代デジタルライブラリーでは、同様の著作権満了古書が約35万点登録されており、今後も順次POD書籍の点数が増えていくことが期待されています。

space
space

このページのトップへ

space
space
space

※文中敬称略
※文章は新聞記事などを基に華陽紙業にて編集しております。実際の動向についてはお客様にて総合的にご判断頂きますよう、お願い申し上げます。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP