岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

市況情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

drupa2016視察報告

160630_drupa01 取締役営業管理部長
窪田正博
160630_drupa001
視察日  2016年6月3日(金)~4日(土)
視察場所  ドイツ・デュッセルドルフ
 drupa2016
 第16回国際印刷・メディア産業展
drupa2016テーマ

160630_drupa02 drupa2016のテーマは『Touch the Future』。
 印刷・包装・マルチチャネルコミュ二ケーション・3D印刷・機能性印刷・
グリーン印刷、の6つのハイライト分野における近未来のトレンドを発信するという構成です。

参加企業

 キャノン・コニカミノルタ・富士フイルム・hp・ハイデルベルグ・小森コーポレーション・ランダ等、世界50か国・1,800社が19ホールの会場に出展していました。

視察メーカー
hp ①ホール17がhpの単独ホールとなり、最大ブースにて出展。
②商印むけ枚葉機 Indigo12000・7900・5900デジタル印刷機をはじめ、B1ノビ対応の両面印刷機 Indigo5000デジタル印刷機等が展示されていました。
③Indigo12000では、高精細ライティングヘッドテクノロジーで1600dpiの高画質印刷を実現との事。
ハイデルベルグ ①ハイデルベルグといえばオフセット印刷機の印象が強いですが、今回はデジタル印刷機のfireシリーズをはじめ、オンデマンド機のデジタル分野への参入をPRしていました。
②B1デジタル印刷機Primefire106は、富士フイルムと共同開発した、枚葉インクジェット印刷機。スピードマスターXL106をベースに富士フイルムのSAMBAヘッド技術を搭載した新鋭機です。
Landa ①今回は、展示スペースを大きく増やしての出展。
②ナノグラフィック印刷機として、Landa nanoInk(水性インク)を使ったデジタル印刷機を展示。強く瞬間的に接着する為、コート紙・上質紙・厚紙・プラスチック・特殊紙にも印刷可能。
160630_drupa03 160630_drupa04 160630_drupa05
感想

  テーマであるtouch the futureの名の通り、印刷機器の発展を感じる事ができた展示会だったと思います。(オフセット印刷に匹敵するデジタル印刷)
 ただし、紙単独でとらえると新たな発展が感じられなかった様に感じました。
 今後、ますます、デジタル化は進むと考えられますが、紙卸商としていかに取り組み、取り込むかが重要だと思いました。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP