岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

市況情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

紙の市況 (2019.6)詳細  6月10日更新分

【洋紙 国内の紙の市況/状況】

1.コピー用紙価格上昇報じられる

 6月6日付の日本経済新聞紙上にて、コピー用紙の価格が上がり始めたと報じられています。記事によると、

需給の引き締まり 輸入コピー用紙の価格が先行して上がったため、需要が国産品に移行。
昨年の豪雨や地震、今年に入ってからの機械の不調や工場火災などの影響で供給は絞られており、需給が引き締まっている。
価格 原燃料価格の上昇や物流費の高騰などを原因として、今年1月、国内製紙各社も情報用紙の値上げを表明。輸入紙の選考値上げや需給の引き締まりを背景に、需要家が値上げを受け入れた。

 値上げを受け、さらにエンドユーザーへの転嫁値上げを実施する動きもみられるとのことで、今後オフィス通販やホームセンターなどで値上げが広がる可能性について記事では言及しています。





2.日経42種 「紙・板紙」は価格維持

6月1日付の日本経済新聞紙上にて、日経商品指数42種の5月末値が発表されました。1970年を100とし、資材や燃料の企業間取引価格を指数化した日経商品指数42種全体の5月末値は前年同月比で2.5%下落、前年同月比で6か月連続の下落で、4月末より下落幅が広がったと報じられています。
 紙・板紙の5月末指数は2月より4か月連続の172.634。前年同月比で7.8%の上昇と改定後の価格が維持されている様子がうかがわれますが、米中の対立が続くなか、素材全般の市況では下落傾向が強まる可能性があることを記事では伝えています。





3.大王製紙 「エリプラペーパー」販売開始

 大王製紙はは5月29日、プラスチック代替素材「エリプラペーパー」の販売を開始したと発表しました。公式サイトの発表によると、

商品名 エリプラペーパー
由来は「Eliminate Plasutic(脱プラスチック)」から。
特徴 プラスチック代替として必要とされる剛性を、貼り合わせではなく1枚で実現した、高密度厚紙。
食品衛生法などに基づき、食品に触れる用途などで使用可能。
厚さ420㎛~1,100㎛の幅広いラインナップ。 等
用途 ナイフ、ピック、スプーン、マドラーなど

 既にお菓子用のナイフやピックとして採用事例があるとのことで、同社は今後も紙の可能性を最大限に引き出す研究開発を重ね、持続可能な循環型社会づくりに貢献していくとしています。
 


【板紙の国内の市況/状況】

1.北越が段ボール原紙事業を開始

 北越コーポレーションは5月28日、段ボール原紙事業を開始することを決定したと発表しました。製造するのは中芯で、停機した新潟工場6号抄紙機(6月中は再稼働)を改造し、2020年1月に生産を開始する予定であるとのこと。同社は企業価値のさらなる向上を図るため、今後も食品やネット通販等向けに需要の拡大が見込まれる段ボール原紙(中芯)事業を開始するとしています。
 ただ、王子HDや大王製紙でも段ボール原紙を増産する計画があること、また、原料古紙の国内在庫が米中貿易摩擦などの影響で増加傾向にあることから、6月7日付の日本経済新聞では段ボール需給の緩みを警戒する向きがあることを伝えており、段ボール原紙価格に下落圧力がかかる可能性もあると報じています。


【その他の市況】

1.三菱製紙 家庭紙の新ブランド発売を発表

 三菱製紙は5月29日、家庭紙の新ブランド「ルクレ」シリーズを発売すると発表しました。同シリーズのティッシュペーパーとトイレットペーパーを計4種、6月に販売開始する予定とのこと。シリーズ名は「パール」+「ナクレ」(いずれも真珠に関係する言葉)からきているとのことで、日本国内工場で生産するパルプ100%の家庭紙製品であるとしています。


【印刷・製品関連】

1.富士フイルム プリンター基幹部品などを外販

 
 6月6日付の日本経済新聞紙上にて、富士フイルムが商業印刷用インクジェットプリンターの基幹部品などを外販すると報じられています。記事によると、

内容 商業印刷用インクジェットプリンターのヘッドやソフトウエア、スキャナーなどを外販。既存の印刷工程に必要な部品や技術だけを導入することが可能。
メリット 同社製のインクジェットプリンターの完成品は高額で、印刷できる対象や大きさなど仕様も細かく決まっている。
必要な技術だけを選んで導入できるようにすることにより、導入対象を広げることができる。

この技術の選択的な外販により導入障壁が下がることで商業印刷のデジタル化が加速する可能性について、記事は言及しています。





このページのトップへ





※文中敬称略
※文章は2019年6月7日現在、新聞記事などを基に華陽紙業にて編集しております。実際の動向についてはお客様にて総合的にご判断頂きますよう、お願い申し上げます。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP