Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  1. HOME
  2. KAYO NEWS
  3. 紙の市況(2021.5)詳細 5月20日更新分

KAYO NEWS

華陽ニュース

紙の市況(2021.5)詳細 5月20日更新分

【洋紙 国内の紙の市況/状況】

1.製紙各社 2021年3月期決算出揃う

 5月中旬にかけ製紙大手8社の2021年3月期決算が出揃いました。各社の決算短信によると、

 各社とも新型コロナウイルス禍の影響を受けていますが、扱い商品や比率といった特色が反映されたものとなっています。


2.日本製紙 石巻工場N6抄紙機の停機を発表

 日本製紙は5月14日、石巻工場のN6マシンの停機を発表しました。公式サイトの発表によると、

対象 石巻工場 N6号抄紙機
生産品種 軽量コート紙、微塗工紙
生産能力 271千トン/年
停機時期 2022年5月末予定

 塗工紙の需要が少子化やデジタル化の進展といった構造的要因により減少を続けていたのに加え、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う生活様式の変化により、今後も減少傾向が続くと見込まれることが今回の決定の背景であると、同社は説明しています。
 また、2023年度後半をめどに家庭紙事業への展開を図ることを前提に、同工場の事業構造転換を図ると、同社は表明しています。


【板紙 国内の紙の市況/状況】

1.レンゴー 2022年3月期の増収増益予想を発表

 レンゴーは5月13日、2022年3月期(2021年4月1日~2022年3月31日)の連結業績予想を発表しました。同日発表された2021年3月期決算短信に記載された内容によると、

内容 2021年3月期比で、売上高6.2%増、営業利益5.2%増、経常利益1.9%増の、増収増益予想を発表。
要因 ・新型コロナウイルスの感染は依然厳しい状況が続くが、ワクチン接種をはじめとする防止策、社会経済活動のレベル引き上げ、各種政策効果等から、持ち直しの動きが続いていくと予想。
・段ボール需要は、食品、通販・宅配向けが底堅く推移するほか、幅広い分野で回復すると予想。

 生産性や品質の向上のため設備投資を積極的に行う計画であることから、減価償却費が増えると見込んでいますが、段ボール需要の堅調さや連結子会社の増加といった要因から増収増益となる見通しと、同社は背景について説明しています。


【その他の市況/状況】

1.パルプ価格が上昇

 5月14日付の日本経済新聞紙上にて、パルプ価格が上昇していると報じられています。北米産針葉樹さらしクラフトパルプは2018年前半の最高値を更新、この半年間の上昇率は5割に達するとのこと。

・コロナ禍からの経済回復が進む中国で、古紙輸入全面禁止の影響からパルプの需要が増加。
・米国で衛生用紙や段ボール原紙の需要が堅調。古紙回収が進まない分、パルプの需要が増加。
・供給元の北米で、昨年の工場の定期修理が春から秋にずれ込み。秋口に供給が減ったタイミングで需要が回復し、在庫が減った状態で今年春の定期修理が始まり、品薄感が高まり。
・新型コロナウイルスの感染拡大で物流が混乱し、輸送コストが上昇。

といったことが要因として挙げられており、パルプ高が製品価格に波及する可能性もあると、記事では指摘されています。


2.北越コーポ、家庭紙事業の開始を発表

 北越コーポレーションは5月14日、家庭紙事業の開始と逆浸透膜支持体事業の拡大を発表しました。同社新潟工場内に約150億円を投じ家庭紙生産設備を新設し、年産25,000トンで2023年12月に生産を開始する計画とのこと。また、家庭紙製品は70%以上CO₂ゼロ・エネルギーで生産する予定とのことで、家庭紙製品の供給を通じて、社会のカーボンニュートラルに貢献していくとも表明しています。


【印刷・製品関連】

1.出版3社が書籍流通に参入

 5月14日付の日本経済新聞紙上にて、講談社、集英社、小学館の出版3社が書籍流通事業に参入すると報じられています。記事によると、

内容 出版3社に丸紅を加えた4社で、年内に共同出資会社を設立。過去の販売データや地域性などに基づいて書店ごとのニーズをAIで分析・予測、より客層に合った書籍を各書店に届けることで、返品やそれに伴う無駄な配送を減らし、出版社や書店が負担している流通コストを減らす。3社だけでなく、他の中小出版社の出版物の流通も請け負う方針。
従来の出版流通 日販・トーハンの大手出版取次2社で寡占状態。売れ筋を中心に取次大手により書店へ配本され、書店側の注文の手間は省けるが、きめ細かな対応が難しく、返品率が高止まりしていた。

 書籍のデジタル化が進んで紙の出版市場が縮小する一方、取次を介さずに出版社と書店が取引を行う事例も増えており、出版流通の構造が変化の時期を迎えていると記事は指摘しています。


※文中敬称略
※文章は2021年5月18日現在、新聞記事などを基に華陽紙業にて編集しております。実際の動向についてはお客様にて総合的にご判断頂きますよう、お願い申し上げます。