岐阜の印刷用紙・情報用紙・再生紙・上質紙のことならお任せ下さい。

商品情報

  • ちょっといい話
  • 市況情報
  • 商品情報
  • 印刷情報

【紙のソムリエ】シートくんとロール先輩の紙修行 46 慶事は大礼?~和紙とファンシー~


【今回のお話】
お客様に新年会用の印刷物の紙の提案を頼まれて・・・
150304_somusomu

登場人物御紹介

130507_sheet
シートくん
岐阜の印刷会社で働く、若手営業マン。知識と経験の不足を熱意でカバーすべく、今日も元気に紙修行中。
「いつか皆様に紙と印刷の楽しさを伝えられる営業マンになれるよう、今年も頑張ります!」
130507_roll
ロール先輩
何かと足りないシートくんを優しく導く、工務の先輩社員。
「少しでも皆様のお役に立てるよう、今年も頑張ります!」
130507_book
ブック部長
シートくんやロール先輩の仕事ぶりを温かく見守る営業部長。 130507_palet
パレットちゃん
いつも優しくて可愛い総務の先輩・・・?

004-01

新年早々頭をひねるシートくん。1月末にお客様の新年会があるそうで、印刷物の紙を何で提案するか悩みます。「お客様のご希望は?」ロール先輩が声を掛けます。
「高級感があって、華やかで、上品な紙が良いっていうご希望です。とにかく新年会らしくということで。」「なるほど。印刷はうちで?」「実はそれがまだ決まってないんです。」

「最初はうちで印刷の予定をしていたんですが、内容がなかなか決まらないらしくて。決まるのが直前になるようなら社内でプリンターで刷るかもしれないから、どちらでも良いように提案してくれって仰っています。」
見本帳をめくるシートくん。
「オフセットでもプリンターでも大丈夫で、華やかで上品で高級感があるもの・・・良いなと思う紙はいくつかあるんですが、今一つ、決め手に欠けるっていうか・・・・・・」
「つまり、コンセプトがはっきりしていた方が提案しやすいってことかな?」
「ああ、そうかもしれません。物足りないと思うのは、選び出した紙が妙に散漫な印象があるからかな?」
「じゃあコンセプトを決めちゃえば?・・・そうだね。お正月だし、和紙風なんてどう?」

bluecubeline

「和紙風、ですか?」
「そう。和紙の風合いと印刷適性を両立させた紙、って、需要が多いのか、結構種類があるでしょ?新年と和紙って、取り合わせも分かりやすいし、良いかなって。」
「そう言えば、お客様は、和紙の風合いの洋紙があることを意外に御存じないことが多いです。お勧めすると、和紙なら印刷できないんじゃないのって言われてしまうことも・・・」
「そうなんだ。じゃあ、和紙の見本帳をお持ちして比べて頂いたら?例えば・・・」

160110_taireisi
大礼紙
160110_shintaireisi
新大礼紙
160110_shikokutenrei
しこくてんれい

(※注:羽を際立たせるためコントラストを調節しています)

「大礼紙は和紙、新大礼紙としこくてんれいは和紙風の洋紙、だけど、見た感じは代用できそうでしょ?」
「大礼紙風なら、

160110_shinseiryuu
新・清流
もありますよね。少し変わった風でも良いなら、『ふじ』でも良いかもしれない。」

「前に、どのファンシーペーパーの模様が似ているか、代表的なものだけでも覚えておいた方が良いよ、っていう話をしたと思うけど、これもその一つだね。『新奉書風』とか『ことぶき』とか。和紙に似ているファンシーペーパーっていうのも、覚えておくと便利かもしれないね。」

bluecubeline

「和紙をプリンターで使って頂く場合って、表面の平滑性が低いこととか、にじみとかが問題になりますよね。あれは和紙の原料とか抄き方とかによるものなんですか?」
「そうだね。一般的に和紙の原料として使われるのは楮とか三椏とかっていう植物の靭皮繊維っていう部分なんだけど、この繊維は洋紙の原料の木繊維なんかと比べると、長くて細胞壁が厚いのが特徴なの。繊維が長いと水中で分散しにくくて、繊維の濃い所と薄い所のある紙、いわゆる地合の悪い紙ができたりする。あと、和紙特有のにじみは、細胞壁が厚い繊維が集合することによるものだと考えられているって話。地合の悪さを解消するために濃度を洋紙の場合より薄くしたり、トロロアオイの粘液を加えて繊維を分散させたりっていう工夫がされているし、何よりあのにじみとか地合が和紙の良さだとも思うけど、プリンターの場合は、紙の搬送の問題とか印刷ののりとか、事前に確かめておいた方が良いと思うよ。」

bluecubeline

後日のこと。
シートくんを見かけたロール先輩、あの提案のことを思い出します。
「そう言えば、お客様の新年会の用紙って何になったの?」
「それが・・・すみません、アラベールになりました。」
シートくん、少し申し訳なさそうに答えます。
「アラベール?」
「和紙風の中に混ぜておいたんですけど、それが返って目を引いたみたいで・・・」
色々教えて頂いたのにすみません、と律儀に頭を下げるシートくん。
「いやいや気にしないで。良い紙だよね、アラベール。」
と、そこへ先輩の方のシートくんが通りかかり、後輩シートくんに声を掛けます。
「あ、良かったね、シートくん。用紙、アラベールで決まって印刷の御注文も頂けたんだって?」
大体、お正月だから和紙を提案、だなんてシートくんも案外単純なんだなあって思ったんだよね~と笑う先輩シートくん、微妙な空気に「あれ?」と首を傾げます。
「えっと・・・僕、なんか変なこと言った?」
「先輩・・・間が悪すぎです・・・・・・」
珍しく苛立った声を出した後輩シートくん、先輩シートくんは置き去りに、足早に立ち去ろうとするロール先輩を追いかけます。
赤い顔のロール先輩に何事か一生懸命話しかけている後輩シートくんを見やりながら、「・・・あれ?」もう一度首を傾げる先輩シートくんなのでした。

関連する記事

CONTACT より詳しい情報をお求めの方は、お問い合わせ、もしくは、担当営業までまで、ご遠慮なくお申し付け下さい。

お問い合わせ

PAGE TOP