Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
  1. HOME
  2. ブログ
  3. 【紙のソムリエ】シートくんとロール先輩の紙修行 75 新入社員様基礎編⑯雑種紙

【紙のソムリエ】シートくんとロール先輩の紙修行 75 新入社員様基礎編⑯雑種紙

「新入社員の皆様、こんにちは。梅雨がやってきましたね。」
「若手社員の皆様、こんにちは。暑かったり冷えたり、体調崩されていませんか?」
「うちでは風邪が流行ってますよね。先輩は大丈夫ですか?」
「大丈夫だよ、有難う。でも雨が多くなると、靴や服が濡れたり、かばんの中の本が湿ったり、困ったことが多いよね。」
「僕は、濡れたら困る紙物はポリ袋に包んでかばんに入れてます。」
「意外にマメ・・・ああ、いや、でも、最近ポリ袋も環境負荷が問題になってるし、多用するのもね・・・」
「じゃあ、油紙で包むなんてどうですか?というわけで、今回は雑種紙のご説明です。」

1.雑種紙の分類

「印刷や書いたりするための紙、包むための紙、衛生用途の紙。紙の主な機能として挙げられ、生産量も多いのはその辺りの紙ですが、それ以外にも紙は様々な用途で用いられています。」
「例えば壁紙や家具のプリント用原紙、書道半紙やティーバッグの紙など。そういったさまざまな用途に使われる紙は『雑種紙』に分類されています。」

「他に分類できず、生産量も決して多くはないけど、大切な役割を果たしている紙が、『雑種紙』に分類されています。」

2.内容や用途

「それぞれの分類の内容や用途は以下の通りです。」

建材用原紙 建材として用いられる紙製品の原紙。家具に木目をプリントする際に使われるなどの用途の『化粧板用原紙』、壁紙のもととなる『壁紙原紙』がある。
積層板原紙 主に回路をプリントする基板となる、積層板(層になった紙)用の原紙。
接着紙原紙 タック紙の剥離紙の原紙や、各種製品を成形する際に貼って剥がして型を付ける用途で用いられる紙などがここに分類される。
食品容器原紙 紙コップや紙皿などの原紙。
塗工印刷用紙 塗工紙の原紙として他社に販売されたり、他の工場に出荷されたりするもの。自社のラインで一貫して生産される塗工紙はここには分類されない。
その他加工原紙 その他の加工して使用される原紙。耐水耐油紙、防錆紙、写真印画紙原紙など。
電気絶縁紙 コンデンサや変圧器の中で電気を蓄えたり絶縁したりする部品の一部となる紙。
その他工業用雑種紙 煙草を巻く紙に使用されるライスペーパー、食品や薬の包装などに使うグラシンペーパー、トレーシングペーパー、ろ紙、水溶紙など、工業用に使用される用紙。
書道用紙 書道半紙や書初用紙など。
その他家庭用雑種紙 障子紙やティーバッグ、油紙や傘紙など、家庭で使用される雑種紙がここに分類される。

「ちなみに油紙は紙に植物油を塗布して防水性を持たせたもの。かつては合羽や和傘など、雨具の原紙として重用されていました。」

「そう言えば、昔の岩波文庫にカバーとしてついてたパラフィン紙も雑種紙の一つだよね。」
「昔の岩波文庫、ですか?」
「うん。あれ、当時は持ち歩く時に不便でめんどくさいなーって思ってたけど、今思い返すと、味のあるカバーだったなって。」
「先輩・・・」
「何?」
「僕、子どもの頃から、岩波文庫っていうと今のカバーでしたけど・・・・・・」
「?!」
「パラフィン紙の文庫を、しかも現役で読んでたなんて、先輩って・・・・・・」
「・・・・・・」

(初掲載:2018年6月10日、加筆修正:2019年12月11日)

関連記事